逆カルチャーショックを知っていますか? - 外国人が、日本文化を勉強する理由とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆カルチャーショックを知っていますか?

語学学習のために、海外留学したことが、かえって帰国後ストレスの原因になります。
海外で生活する間に、外国の気軽さや、価値観に慣れてしまって、帰国してから、日本の生活になじめないことです。

海外に出た時に受けるカルチャー・ショックは、今までに経験したことがない新しい生活習慣や、異なる価値観に直面して起こります。
でも、海外に興味があって、好奇心が旺盛で、海外留学の前に、事前に調べているため、前向きな姿勢で、「朱に交われば赤くなる」、「郷に入れば郷に従え」的に、対処できます。それに対して「逆カルチャー・ショック」は、慣れ親しんでいる環境に戻るのですから、カルチャー・ショックは予測していません。準備がないことから、対処法がわからず、社会に適合できない方が多いのです。
帰国子女は、日本の教育システムや、慣習が壁になり、留学先で学んだことを感覚的にしようとすると、大きなストレスにつながります。

乗り越えるには、日本と、留学先は、全く慣習が異なることを前提に考えて行動しなくてはなりません。

自分の中に、日本を基準にした物差しと、留学先を基準にした物差しの2つが存在し、どちらかにしか通用しないことを理解しなくてはならないでしょう。

それほど、日本の文化や生活習慣が異なると言うことでもあります。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。